日本スイミングクラブ厚生年金基金の年金制度、一時金、保険についてご案内
日本スイミングクラブ厚生年金基金 東京都新宿区山吹町 基金の年金制度、一時金、保険についてご案内。基金の事業計画と予算、決算報告の紹介。

 

 

 

 

 

 

 

HOME>インフォメーション>事務のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成19年4月以降の年金制度の改正について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遺族年金制度の見直し(平成19年4月実施)

 

 

 

 

遺族年金制度が平成19年4月から変更になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺族年金

 

 

 

 

現在65歳以上の遺族厚生年金は、1)本人の老齢基礎年金と遺族厚生年金、2)本人の老齢基礎年金と老齢厚生年金、3)本人の老齢基礎年金と遺族厚生年金の2/3と老齢厚生年金の1/2の年金、1〜3のいずれかを選択することとなっています。平成19年4月以降は、働く女性の増加に伴い、自分が納めた保険料を年金に反映させるため、自らの老齢厚生年金を受給し、その老齢厚生年金額が遺族厚生年金の全額または遺族厚生年金の2/3と妻の老齢厚生年金の1/2より低ければその差額を遺族厚生年金として受け取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺族年金制度

 

 

 

 

平成19年4月1日以降夫死亡時に子※のない30歳未満の妻への遺族厚生年金が、5年間の有期年金となります。また、現在は夫死亡時「35歳以上」の妻に40歳から支給されている中高齢寡婦加算の要件が、「40歳以上」の妻に変更されます。

※ 「子」とは18歳到達年度の末日まで、または20歳未満で障害等級1・2級の状態にあり、かつ婚姻していない子をいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 70歳以上の在職老齢年金の仕組みの適用(平成19年4月実施)

 

 

 

 

年金を受けながら働く人への在職老齢年金による支給停止は、70歳になるまでの人に限られています。平成19年4月からは、厚生年金保険の適用事業所に使用される厚生労働省令で定める要件に該当する70歳以上の人の年金について、65歳〜65歳の在職厚生年金と同様の年金減額のしくみが適用されます。平成19年4月1日に70歳以上の方(昭和12年4月1日以前生まれの方)には適用されません。
70歳以降の在職者には、厚生年金保険料は徴収されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 65歳以降の老齢厚生年金の繰下げ支給を導入します(平成19年4月実施)

 

 

 

 

平成12年改正で、65歳喪失要件が、70歳喪失となり、在職老齢年金の適用が70歳までとなったことに伴い、老齢厚生年金の繰下げ支給が廃止されました。65歳以降も就労する人で、実際に引退した時点から年金を受給することを希望する人に応えるために平成19年4月から繰下げ支給をすることができます。
65歳以降、繰下げ受給を希望する厚生年金被保険者の場合、60歳後半の在職老齢年金のしくみによって支給停止されたであろう額を勘案して繰下げることとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平成19年4月以降に離婚した場合に、老齢厚生年金が分割可能になります。

 

 

 

 

熟年離婚した場合、専業主婦だった妻は65歳から老齢基礎年金と振替加算(65歳以降に離婚の場合)は受けられますが、生活には不十分な金額の場合が多いことから、夫の老齢厚生年金を分割できるよう、制度改正されます。実施は平成19年4月1日から2段階にわたって行われます。

第1段階は夫婦の合意を必要とする分割で平成19年4月1日以降に成立した離婚について、共稼ぎの夫婦の場合は、婚姻期間中の厚生年金加入期間に基づく夫婦の老齢厚生年金の合計額が分割できます。(老齢基礎年金は対象外)。分割割合は夫婦で協議しますが、老齢厚生年金の合計額の1/2を上限とします。
夫婦の協議がまとまらない場合は裁判所で調停してもらいます。なお分割請求は離婚後2年以内にしないと無効となります。

第2段階は夫婦の合意を必要としない分割で、妻が専業主婦の世帯離婚です。この場合は平成10年4月1日以降に成立した離婚について適用します。つまり平成10年4月1日以降の第3号被保険者期間分については、夫婦共同で厚生年金保険料を負担していたものと見なし、夫の老齢厚生年金の1/2を分割するものでこちらは合意がなくても妻が請求すれば自動的に決ります。共働き期間があればその分の合計額も分割することができます。分割できる期間は平成20年4月1日以降の期間分となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離婚時の老齢厚生年金分割

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ページトップ