日本スイミングクラブ厚生年金基金の年金制度、一時金、保険についてご案内
日本スイミングクラブ厚生年金基金 東京都新宿区山吹町 基金の年金制度、一時金、保険についてご案内。基金の事業計画と予算、決算報告の紹介。

 

 

 

 

 

 

 

HOME>基金の一時金>脱退一時金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱退一時金

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  脱退一時金が受けられるのは

 

 

 

 

脱退一時金は、加入期間3年以上10年未満の人が退職したときうけられます。脱退一時金の給付を受けても、基本年金は受けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 脱退一時金の額は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 脱退一時金に代えて『通算企業年金』、『企業年金』を選べます

 

 

 

 

55歳未満で退職した人は、脱退一時金を希望すれば「通算企業年金」、「企業年金」として基本年金が受給できるときに受給できます。このとき企業年金連合会、確定給付企業年金へ移換を選択する届が必要です。 企業年金は企業や業界単位で運営されますが、厚生年金基金は企業年金の中でも最大規模となっています。ポータビリティの拡充についてを参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乗率(4)脱退一時金・遺族一時金支給率

加入期間

加入期間

3年

0.2520

20年

2.7315

4年

0.3360

21年

2.9412

5年

0.4200

22年

3.1601

6年

0.5784

23年

3.3886

7年

0.6920

24年

3.6272

8年

0.8108

25年

3.8762

9年

0.9351

26年

4.1383

10年

1.0651

27年

4.4147

11年

1.2010

28年

4.7063

12年

1.3430

29年

5.0137

13年

1.4914

30年

5.3379

14年

1.6464

31年

5.6795

15年

1.8083

32年

6.0396

16年

1.9774

33年

6.4191

17年

2.1539

34年

6.8190

18年

2.3382

35年以上

7.2403

19年

2.5306

 

 

 

(注) 加入期間に1年未満の端数を生じた場合の支給率は、次による

    1歳未満の端数を切り捨てた年数に応じた率……A

    1歳未満の端数を切り上げた年数に応じた支給率……B

   支給率={A+(B−A)}×端数月数÷12