日本スイミングクラブ厚生年金基金の年金制度、一時金、保険についてご案内
日本スイミングクラブ厚生年金基金 東京都新宿区山吹町 基金の年金制度、一時金、保険についてご案内。基金の事業計画と予算、決算報告の紹介。

 

 

 

 

 

 

 

HOME>基金の退職年金>雇用保険の給付と年金の調整

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雇用保険の給付と年金の調整

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  基本手当(失業給付)を受給中は基金の年金、老齢厚生年金は受けられません

 

 

 

 

 65歳未満で、平成10年4月1日以降に年金の受給権を得た人が雇用保険法による基本手当(失業給付)を受けている間は、厚生年金基金の基本年金、老齢厚生年金は全額支給停止となります。
 支給停止期間は、公共職業安定所(ハローワーク)で求職の申込みをした翌月から、基本手当の支給期間または所定給付日数が終わった月(調整対象期間)までです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高年齢雇用継続給付を受けている間は、在職老齢年金は減額されます

 

 

 

 

 65歳未満の厚生年金被保険者で、平成10年4月1日以降に老齢厚生年金の受給権を得た人が、雇用保険法による高年齢雇用継続給付を受けている間は、在職老齢年金の減額調整に加えて、最大で標準報酬月額の6%に相当する年金が支給停止されます。
 厚生年金基金の場合は、老齢厚生年金の支給停止が全額停止の場合基金の年金も支給停止されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高年齢雇用継続給付とは

 被保険者期間5年以上ある人が、60歳以上65歳未満で基本手当(失業給付)を受けずに働いている場合、賃金が60歳到達時の75%未満のとき、賃金額の15%相当額を限度として、65歳になるまで受けられます。(高年齢雇用継続基本給付金)
※支給限度額(給付額+賃金額)=348,177円