日本スイミングクラブ厚生年金基金の年金制度、一時金、保険についてご案内
日本スイミングクラブ厚生年金基金 東京都新宿区山吹町 基金の年金制度、一時金、保険についてご案内。基金の事業計画と予算、決算報告の紹介。

 

 

 

 

 

 

 

HOME>基金の一時金>ポータビリティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポータビリティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成16年の年金制度改正により、平成17年10月から企業年金間のポータビリテイ(異なる制度間における年金資産の移受換及び加入期間の通算のしくみ)の拡充が図られました。厚生年金基金と他の企業年金制度や企業年金連合会の間において、新たな方法による年金資産の移受換が可能になりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  当基金を中途脱退したときの脱退一時金の受け方

 

 

 

 

当基金では、加入員期間が10年未満かつ55歳未満で基金の加入員資格を喪失した人を「中途脱退者」といいます。中途脱退者のうち、加入員期間3年以上の人は、基金独自の給付である加算部分を脱退一時金として受けることができます。
当基金の中途脱退者は、脱退一時金について次のような受給方法を選択することができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 選択方法

 

 

 

 

1.当基金の資格喪失時に脱退一時金を受給する。

2.当基金の資格喪失後、1年以内に再就職先の状況に応じて脱退一時金を受給する

3.当基金を資格喪失後、1年以内に脱退一時金相当額を他の企業年金や企業年金連合会に移換する。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中途脱退者の年金・一時金受給方法の選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 移換申出期限

 

 

 

 

脱退一時金相当額を他の企業年金や企業年金連合会に移換する場合は、当基金脱退日から1年を経過した日、または移換先制度の加入日から3ヶ月を経過した日のいずれか早い日までに申出る必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 再加入者の取り扱い

 

 

 

 

従来は、再加入者は企業年金連合会より基本年金を受換致しましたが、ポタビリティの拡充により企業年金連合会から受換しないため、加入員番号は新しく払い出しされますのでご注意願います。